お役立ち情報が満載!!

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<< 大村矯正歯科からのおしらせ | main | 親知らずのお話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
歯並びから始める健康づくり

1.矯正治療の利点

矯正治療の最も優れた点は、歯を削って被せたり、人工の歯をつないだりせずに適切な位置に歯を移動させて並べ直すところにあります。

ですから上下全ての歯を治療した場合は、自分の歯だけで可能な限り理想に近い咬み合わせや歯並びを作ることが出来る可能性があるのです。

 もし部分的に歯の無いところがあったり、そこに隣の歯が倒れ込んでいたり、重なったりしている状態であれば、その部分だけ矯正してきちんと平行に治してからブリッジを入れたり被せた方が、その後の歯の寿命を伸ばす可能性があります。

 

2.矯正治療のもう一つの利点(付加価値)

矯正治療では、歯並びを綺麗にして正しいかみ合わせにしますが、効用はそれだけではありません。綺麗になった歯並びは歯磨きがしやすくなるだけではなく、自浄性(自然に汚れを落とす力)が増すので、虫歯予防や歯周病予防に大きく貢献するのです。

また、乱杭歯、受け口や出っ歯を矯正治療で治す場合は、抜歯することがありますが、抜歯のスペースを閉じる事に伴って口元も後退するので唇が閉じやすくなります。

通常、口の中は潤いがあって唾液などで洗い流してくれる状態が健康的なのですが、

唇が閉じづらい状態は、日常的に口を開けていることになるので口呼吸を増長させ、唇や口の中を乾燥させます。口の中の粘膜や歯の表面が乾燥していると、格段に歯肉炎や虫歯になりやすいのです。

 つまり口元の健康は、唇の閉じやすさから作られると言っていいかもしれません。

 また、綺麗な歯並びと健康的な口元は、素敵な笑顔につながります。

もし、歯並びや口元にコンプレックスを感じていた人が健康的な笑顔になれたら、大きな自信につながり私生活も仕事にも、もっと積極的になれるかもしれません。

 咬み合わせや歯並び口元に不安を感じているなら一度矯正歯科の先生にご相談ください。もしかして矯正治療後の新しい付加価値が見つかるかもしれません。

 

3.気がつかないもう一つの利点

矯正治療は長期になること多いのですが、長い通院期間がプラスに働く可能性もあります。

 たいていの矯正歯科医院では治療中の虫歯を避けるため、歯磨き指導にも力を入れています。通院の度に染めだしをして歯磨きしたり、衛生士によるクリーニング(PTC)をしたりするので、毎月の通院なら月一回、確実に汚れが落とされることになります。

 また、矯正装置が入っていても綺麗に磨ける技術が身に付くと、正しい磨き方が習慣化するチャンスにもなるのです。

特に、歯並びを悪くしている原因が口呼吸や嚥下時の舌突出癖であると疑われた人には、悪い癖を改善するための特殊な筋肉の訓練(筋機能療法)を矯正治療と平行して実施します。

場合によっては、ハビットブレーカーやオ−ラルスクリーンなどの装置を使って癖を抑制させ、舌や唇の訓練の進み具合を通院毎にチェックし、徐々に癖の改善を図っていくのです。

 

 

| - | 15:24 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 15:24 | - | - | -
このページの先頭へ