お役立ち情報が満載!!

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<< 最近の矯正事情 | main | 矯正治療の開始時期について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
当医院の虫歯対策

 

受診ごとにクリーニング(PMTC=Professional Mechanical Teeth Cleaning)することで感じたこと。

  1. 当医院では、治療前に患者さん一人一人についてその人がどれだけ虫歯になり易いか、カリエスリスク(虫歯のなり易さ)を調査しております。
  2. これは、プラーク(歯垢)の付着状態や唾液に含まれる虫歯の原因菌の量、唾液のPH、唾液の緩衝能(酸性を中性に戻す力)、唾液の分泌量など、10項目のリスクについて調べてトータルのリスク(TR)がどの程度有るか数値化して評価し、その人に合った虫歯対策をたてる基となるものです。
  3. 定期的に患者さんを調査した結果、初診時に調べた時に比べて矯正装置を付けているにもかかわらず、7割の人にTRの改善がみられました。
  4. たしかに患者さんにカリエスリスク対策を指導した効果は有ると思いますが、それ以上に大きな理由としては、当医院では受診するごとに赤染液で染め出して磨き残しを調べてからクリーニング(PMTC)をしておりますのでその成果だと思います。
  5. つまり、月一回、オフィスケアー(医院でのクリーニング)をしてプラークフリー(歯垢がない状態)にするだけでも、7割がTRの改善に繋がっていたとのだと感じています。
  6. やはり原則的には、歯科医院でしてもらう定期的クリーニングとフッ素塗布はとても重要と考えています。
  7. 矯正治療後は、矯正装置もはずれて歯並びも良くなり、カリエスリスクも減る傾向にありますので、毎月のクリーニングは必要無いと思いますが、それでも治療中に3割の人にはTRの悪化が見られた事から、その様なケースについての虫歯対策としては、詳細な分析と聞き取り調査により慎重な対策が必要で、矯正装置撤去後は、保定装置のチェックとともに年3回〜4回程度のクリーニング(PMTC)を実施し、TRの改善が見られれば。クリーニングの期間を延ばしていくのがベストでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 10:20 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | - | -
このページの先頭へ