お役立ち情報が満載!!

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<< 当医院の虫歯対策 | main | 咬合の発達と筋機能療法(MFT)について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
矯正治療の開始時期について

・永久歯は、大抵6歳から7歳頃に生えかわります。

・最初、奥歯(乳臼歯)の後ろに大臼歯(第一大臼歯)が生えてきて、乳前歯が脱落して永久歯に生え変わります。つまり、永久歯は前から数えて1番目の前歯と6番目の奥歯が最初に生えてくるのです。

 

ですから後から生えてくる2番目から5番目の歯が収まるスペースが足りなければ、八重歯になったりデコボコの歯並びになる可能性があるのです。

 

・永久歯の生え方やかみ合わせがおかしいと気が付いた時には、一度矯正専門の先生に診てもらったほうがいいでしょう。

前歯四本が生えていると、歯型の計測から将来の歯が並ぶスペースを予測することができます。

 

・もし、早期の部分治療(一期治療)により、永久歯が生えてくるスペースが確保できればその後の治療は必要なくなる可能性が高くなります。

 

・しかし、スペースが不足したり余る場合は、歯が生えそろう頃、全体的な治療(二期の治療)と抜歯が必要になる可能性が高くなります。

 

●一般的に成長期にあるお子さんの場合、矯正治療の開始時期は、以下の点を考慮して判断します。

”埓客合(悪い歯並び、噛み合わせ)の状態

不正咬合の程度

歯の生え代わりの状態や顎の成長段階。

い緩椰佑龍裟擬N鼎紡个垢詬解度や動機。

このような観点から、ケースバイケースで治療の開始時期を決めていきますので

具体的な方針を決定する際には、セファログラムやCTなどのX線写真検査も必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 09:39 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 09:39 | - | - | -
このページの先頭へ